太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 最新ニュース > 電力自由化のメリットとデメリット 2014.2.9


電力自由化のメリットとデメリット 2014.2.9

2016年に電力自由化がスタートしますが、電力を使う消費者にとって電力の自由化はどんなメリットがあるのでしょうか?逆にデメリットが生まれることはないのでしょうか?

ソフトバンク電力小売参入、電力自由化のメリット・デメリットは?

2013年11月に成立した電力システム改革法(改正電気事業法)では、電力事業への参入や電気料金設定について自由化することが盛り込まれました。2016年から電力小売業への参入が原則自由となるのですが、ここにソフトバンクが名乗りを上げたわけです。2020年からは、発送電の法的分離や料金の全面自由化が行われる予定です。

電力を自由化すれば、利用者は好みの電力会社から自分にあったプランを選択できるようになります。また競争が活発化するので、状況によっては、より安く電力を購入することができるようになるかもしれません。例えばソフトバンクであれば、携帯電話やインターネット回線とセットで電力を割引購入するといったようなやり方が考えられます。大量の電力を安く使いたい人、自然エネルギーの電気だけを使いたい人など、参入事業者が増えてくれば、多様化するニーズにきめ細かく対応することも可能となります。

参考記事:THE PAGE

現在の電力制度の下では地域ごとに電力会社が電力を独占して販売してますが、電力会社間に価格競争がないので電力会社が決めた料金で電気を買わざるを得ません。2016年以降は家庭向けにも新たな電力事業者が電気を販売できることになる見込みですが、まだまだ課題も残っています。

ニュースを読むポイント:発送電分離

これからの電力業界の動向として、2016年を目途に家庭向けに電力販売可能に、2020年までには発送電分離が行われる見込みになっています。

しかし、これまでは発電を行う事業者と送電を行う事業者が同一であることが効率的であると議論されてきました。

参考リンク
・電気事業連合会:発送電分離について

そのため発送電分離に関してはまだ反対論があり、発送電分離を実施しても電力を安定的に供給できるか課題が残っています。アメリカでは十分な電力会社が整備されていない状態で発送電分離を行い、大規模な停電を引き起こした例があります。

また送配電を管理する会社がどのような体制になるのか、送配電のコストはどれくらいになるのか不透明な状態です。新規参入する会社が少なければ既存の電力会社の独占状態は続き、現在よりも電気料金が上がってしまうデメリットもあります。

そのため自家発電によって家庭で使用する電気エネルギーをまかなう太陽光発電を設置するメリットは高まっています。自宅に設置した太陽光発電システムの電気エネルギーを使用すれば、電気料金が上げ下げするリスクに備えられるメリットがあります。


『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加