太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 導入の流れ > 導入時のチェックポイント > 太陽光発電システム導入の流れ


太陽光発電システム導入の流れ

太陽光発電システムを導入するためにはどのような順序で行えばよいのでしょうか?計画や調査段階、業者選びなどそれぞれの段階で必要なチェックポイントについて解説しています。

太陽光発電を開始するまでに

太陽光発電を効果的に導入するためには、導入前の段階でそれぞれ必要なチェックポイントを押さえておく必要があります。導入の目的をはっきりさせないまま導入を決めてしまうと、設置した後にメリットをあまり感じられないということにもなりかねません。

また導入の目的が明確な方でも機器の選び方や設置環境の調査などを怠ると、当初の目的を果たせなくなる恐れがあります。施工業者とのトラブルも多くなってきているので、それぞれの段階でしっかりとチェックポイントを押さえておきましょう。

導入の流れとチェックポイント

太陽光発電を導入するまでの流れとそれぞれのチェックポイントについて簡単に紹介しています。大きく分けて①準備・調査 → ②施工 → ③発電開始という3つの段階を踏んで導入します。

チェックポイント 概要
①準備
・調査
導入の目的 太陽光発電を導入する目的として主に経済性、環境性、災害時の備え、イメージアップなどがあります。
情報収集 太陽光発電のしくみや太陽電池モジュールの特徴やメリット・デメリットなどについて情報を収集します。
社会環境 補助金制度や売電価格をはじめ、電力の自由化など今後の電力業界の動向についての情報を収集します。
設置環境 太陽電池モジュールを設置する予定の周辺環境や電力系統への接続方法などについて調査します。
②施工 一括見積もり 一括見積もりサービスを利用してさまざまな施工業者から見積もりを出してもらい比較検討します。
現地調査 施工業者に太陽電池モジュールの設置予定場所(住宅の屋根など)について専門的な調査をしてもらいます。
メーカー保証 施工業者が提案してくれる太陽電池モジュールやパワーコンディショナーのメーカー保証について検討します。
施工業者の選定 太陽電池モジュールの種類や施工方法、施工価格やメーカー保証を比較検討した上で施工業者を選定します。
③発電
開始
補助金の申請 国や都道府県、市町村への補助金申請を行います。事前に確認するようにしましょう。
設置工事 住宅用の場合は2~3日間、産業用の場合は規模によって1週間程度の工期がかかります。
売電契約 太陽光発電で発電した余剰電力を買い取ってもらうため、電力会社との売電契約手続を行います。
メンテナンス 定期的にメンテナンスを施すことによって、発電量を維持し機器の耐用年数を延ばす効果があります。

太陽光発電システム導入の流れのまとめ

  • 太陽光発電システムを効果的に導入するためには、段階ごとのチェックポイントを押さえることが大切
  • 大きく分けて①準備調査 → ②施工 → ③発電開始の3つ流れで最適な選択肢を選ぶことが大切

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加