太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 導入の流れ > 導入時のチェックポイント > 導入の目的を明確にする


導入の目的を明確にする

太陽光発電システムの導入を検討されている方は、まず導入の目的をはっきりさせることから始めてみましょう。

経済性を重視する

太陽光発電システムには経済的に有利なメリットがいくつもあります。太陽光発電を導入することで光熱費を削減でき余った電力を売る(売電)ことができます。また減税措置を受けられるという利点もあるため、節税のために導入される方もいらっしゃいます。

経済性を重視して設置費用をできるだけ早く回収するためには、発電シミレーションを入念に行い、一括見積りサービスを利用してできるだけ設置費用を抑えることが大切です。また、自治体からの補助金があるうちに導入されることをおすすめします。

経済性のメリットをより高めるためには、太陽電池モジュールの選び方も大切なポイントです。コストは高いですが発電効率が高い太陽電池モジュールは長い目で見た場合に費用対効果が高くなるケースがあり、またメーカー保証も比較的長いところが利点です。

経済性を重視して導入される方は、初期費用を8~11年の間で回収できるシミュレーションであればまず問題ありません。固定買取期間も住宅用太陽光発電であれば10年間、産業用太陽光発電であれば20年間となっているので、導入時の売電価格で長期間電気を売ることができます。

システム出量 10kW以上 10kW未満 10kW未満
(ダブル発電)
売電価格
(1kWhあたり)
37.8円
(36円+税)
38円(税込) 31円(税込)
固定買取期間 20年間 10年間 10年間

環境性・イメージアップを重視する

太陽光発電システムは環境に優しいというメリットも持っています。再生可能な太陽の光をエネルギー源としており、発電プロセスで二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)を排出しないクリーンな発電方法です。

またエネルギー源が無制限なので石炭・石油などの資源枯渇リスクがなく、原子力発電のように使用済み核燃料の最終処理や放射性物質の拡散、廃炉の問題がありません。

以上の点から太陽光発電システムを導入することで環境改善に貢献でき、日本のエネルギー問題解決にも貢献できるという側面を持っています。そのため太陽光発電を導入することで企業イメージアップになるというメリットがあります。

また自治体の公共施設に太陽光発電を導入することで、市民の環境意識を高めるとういう効果があります。発電モニターによって現在の消費電力量が分かるので、節電意識が高まるというメリットももたらしてくれます。

災害対策を重視する

太陽光発電システムは、パワーコンディショナーの自立運転機能を使って停電時にも発電した電気を使用できるというメリットがあります。

使用できる電力は1500Wまでと限られていますが、テレビやラジオで情報を集めたり、ポットでの湯沸かし、携帯電話の充電などであれば十分に使用できます。ただし夜間には電気を使用できなくなるので、蓄電池も併用するなどメリットを高める工夫も必要となります。

導入の目的のまとめ

  • 経済性を重視するなら設置費用と回収期間、発電シミュレーションをしっかり行うことがポイント
  • 環境性やイメージアップを重視するなら、専用の発電モニターを設置するなどアピール方法を工夫することが大切
  • 災害時への備えを重視するなら蓄電池を併用するなどメリットを高める工夫が大切

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加