太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 電力買取制度


電力買取制度について

余った電力を買い取ってくれる余剰電力買取制度ですが、毎年売電価格は変動します。2013年(25年度)は1kWhあたり38円の売電価格でしたが、2014年(26年度)は34円程度になると見込まれています。契約時の売電価格が向こう10年に渡って維持されるので、できるだけ早く設置した方が経済的なメリットが大きくなります。

売電価格は経済産業省の調達価格等算定委員会によって決定されますが、太陽光発電の導入コストや社会的なニーズに応じて価格が決められるようになっています(日本版FIT)。毎年売電価格は下がる傾向ですが、設置費用が下がった時に導入すると売電価格下落のデメリットを十分に補うことも可能です。