太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > オール電化について > オール電化とは


オール電化とは

オール電化とはどのようなシステムなのでしょうか?オール電化の仕組みや導入する場合のメリット、デメリットなどについて解説しています。

オール電化とは

オール電化とは家の中の設備をすべて電化製品に変え、家の中のエネルギー源をすべて電気エネルギーへとするものです。例えばガス給湯器はエコキュートに、ガスコンロはIHクッキングヒーターに変更することで、住宅内で使用する全てのエネルギーを電気へと変更します。

オール電化の構成

太陽光発電システムや蓄電池、浴室暖房乾燥機、温水床暖房システムなどが無くてもオール電化住宅となります。

機器 概要
IHクッキングヒーター 電気によって電磁線を発生させ鍋自体を加熱させます。
効率的に熱を伝え、掃除やお手入れも簡単です。
エコキュート 電気で大気を圧縮することで効率的に熱を取り出し、
省エネルギーでお湯を沸かすことができます。
浴室暖房乾燥機 浴室内で衣類を乾燥させたり、
寒い時期に浴室を暖めることができます。
温水床暖房システム フローリングの下に温水を引き込み床から部屋全体を暖めます。ランニングコストが安い点がメリットです。

オール電化のメリット

オール電化を導入する最大のメリットは光熱費が安くなるという点です。電気へ一本化することでガスの基本料金が無くなるだけではなく、深夜の安い電気料金を利用してエコキュートでお得にお湯を沸かします。

IHクッキングヒーターとエコキュートを導入した場合、毎月約6,000円程度、年間6~8万円の光熱費を削減できると言われています。また家事を起こすリスクが減るということで火災保険が割引になったり、住宅ローンの優遇を受けられることもあります。

昼間に使用する電気エネルギーを減らすこともできるので、ピークカットに貢献できるというメリットもあります。エコキュートは従来の電気温水器に比べて1/3の電気エネルギーで同じ給湯能力を発揮するので、社会全体の省エネルギーにもつながります。

オール電化のデメリット

オール電化のデメリットは導入費用が高いという点です。IHクッキングヒーターは小売価格で25万円程度、エコキュートは50万円程度の価格となっているので、商品価格と工事費込みで100万円近くになります。新築を建てる際にオール電化を指定すれば機器費にかける費用はガス機器とあまり変わりません。

また停電時はすべての電化製品が使えなくなるという点もデメリットの1つです。太陽光発電システムや蓄電池があれば電化製品を使うことができますが、電気が使えないとコンロや給湯することができなくなります。

ただし災害時の復旧は電気が一番早く、阪神大震災のケースだとガスの復旧に最大で5ヶ月もかかったというデータもあります。

ライフライン 復旧日数 ライフライン 復旧日数
電気 7日間 ガス 85日間
電話 15日間 水道 91日間
ゴミ処理 35日間 下水道 135日間

オール電化のまとめ

  • 家の中で使う設備をすべて電化しエネルギーを電気のみでまかなう
  • 光熱費を大きく抑え省エネに貢献できるというメリットがある
  • 導入に必要な費用が高く電気のみに依存するリスクを持つデメリットがある

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加