太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > オール電化について > エコキュート


エコキュート

エコキュートとはどのような設備なのでしょうか?エコキュートが給湯する仕組みやメリット、デメリットなどについて解説しています。

エコキュートとは

エコキュートは、電気エネルギーと空気中に含む熱エネルギーを活用してお湯を温める給湯機です。エコキュートでは「自然冷媒ヒートポンプ」というシステムを採用しています。

まず空気に含まれている熱を熱交換器に集め、集めた熱を電気の力で圧縮(ヒートポンプ)しさらに高温にして給湯するという方法です。最大で約80℃までに温められたお湯は給湯ユニットの中に貯められて、キッチンやお風呂に給湯されることになります。

エコキュート

エコキュートの給湯をコントロールするモニターを設置し、毎日の給湯量や温度調整などを行います。また自動でお湯張りや焚き増しができたり、追い焚き機能で浴槽の湯を循環させてもう一度温めることができます。

エコキュートのメリット

エコキュートのメリットは電気温水器の1/3の電気エネルギーで給湯することができ、光熱費を削減できるという点です。一般家庭の場合、給湯に必要な電気代は全体の30%以上も占めているので、エコキュートにすることで使用する電気量を減らすことができます。

また深夜の安い電気料金を使って給湯ユニットにお湯を貯めておくことができるので、ピークカットに貢献できるというメリットもあります。

給湯ユニットは保温性に優れているということもあり、災害時に貯めておいたお湯を使えるという点もメリットの1つです。太陽光発電システムの自立運転機能を使ってエコキュートを動かすことは難しいですが、災害時の備えになるという意味では大きな備えになります。

エコキュートのデメリット

エコキュートのデメリットはお湯切れした場合にすぐに給湯できないというところです。エコキュートは省エネルギーで水を温めることができますが、急速に給湯させることはできません。そのため給湯ユニットのお湯が無くなった場合、再びお湯を使用できるまでに時間がかかります。

またエコキュートは広い設置スペースや搬入経路が必要となるので、設置場所などを確保できない場合は導入できない場合があります。太陽光発電システムとの連携にはHEMSなど別のシステム導入に費用がかかる場合もあるので、施工業者に事前に確認するようにしましょう。

エコキュートのまとめ

  • 空気中の熱を利用して効率的に給湯できる設備
  • 光熱費を削減できピークカットに貢献できるメリットがある
  • 湯切れした場合は再び使用できるまで時間がかかるというデメリットがある

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加