太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 蓄電池について > 住宅用蓄電池


住宅用蓄電池

住宅(家庭)用蓄電池とはどのような設備なのでしょうか?住宅用蓄電池の特徴や設置するメリット・デメリットについて解説しています。

住宅用蓄電池とは

住宅用蓄電池は電池容量が10kWh以下の比較的コンパクトな蓄電池で、停電の際に電化製品を使用したり電気料金の安い夜間の電力を貯めておいて昼間に使用することができます。住宅用蓄電池にはコンセントがついており、電化製品の電源プラグを直接差し込んで使用することができます。

住宅用太陽電池

住宅用蓄電池の電池容量は1.5~6.0kWh前後のものが多く、1.5kWの電池容量でテレビ(消費電力100W)であれば6時間程度連続して使用することができます。

蓄電池の種類としてリチウムイオン電池が採用されていることが多く、メーカーによっては長寿命が特徴のAGM式鉛バッテリーを採用しているところもあります。

住宅用蓄電池の種類

電池容量が5kWh前後の住宅用蓄電池を下の表にまとめてみました。商品価格(メーカー希望小売価格)は1kWhあたり15~25万円の間で設定されており、変換効率は95%程度、寿命は5年程度となっています。

定格出力は停電時で1.5~2.0kVAに設定されている商品がほとんどで、テレビ、冷蔵庫、パソコン、照明、携帯電話の充電などであれば同時に使用することができます。

シャープは引き渡しから10年間、電池容量の60%の寿命を無償で保証してくれます。またNECは寿命の長いラミネート型リチウムイオンを採用しているのが特徴です。

メーカー 型番 商品価格 電池容量 定格出力 充電時間 種類
デンソー DNHCLB
-AHW4
オープン
価格
4.1kWh 1.5kVA リチウム
イオン
シャープ JH-WB1201 オープン
価格
4.8kWh 1.5kVA リン酸鉄
リチウム
デジレコ ELE-CUBE
SP-4800
750,000円 4.8kWh 1.5kVA 8時間 AGM式鉛
バッテリー
パナソニック LJ-SF50A 900,000円 5.0kWh 1.5kVA 8時間 リチウム
イオン
NEC ESS-H-
002006B
オープン
価格
5.5kWh 2.0kVA 5時間 ラミネート
リチウム
ソニー ESSP-30
05/18P
オープン
価格
6.0kWh 1.5kVA 15時間 リン酸鉄
リチウム
エリーパワー POWER
iE 6
オープン
価格
6.0kWh 2.0kVA 4時間 リン酸鉄
リチウム

住宅用蓄電池を選ぶ際に注意しなければいけないポイントは、太陽光発電システムとの連携やHEMSと呼ばれる機能が付いているかどうかです。

HEMSは「ホームエネルギーマネジメントシステム」の略称で、住宅内で使用している電気エネルギーと発電している電気エネルギーをコントロールし、効率的に電気エネルギーを使用するための装置です。

太陽光発電システムとの連携やHEMSがあれば、電気エネルギーを監視するモニターを1つにまとめることができます。また自動的にエネルギーの使用方法を効率化してくれるので、光熱費削減や売電収入アップにもつながります。

太陽電池もジュールと同じ蓄電池メーカーを選べばHEMSをより効果的に使用できるようになります。蓄電池の導入も検討されている方は、太陽電池モジュールメーカーと同一にされることをおすすめします。

参考リンク
・パナソニック(Panasonic):電設資材「スマートHEMS

蓄電池

住宅用蓄電池のメリットとデメリット

住宅用蓄電池を導入すれば停電時に備えられるというメリットがあります。大地震や大雪などで停電になった場合は、復旧までに3日~1週間程度かかることもあります。

また深夜の安い電気料金を蓄電池に貯めておき昼間に使用することもできます。前述したようにHEMSによって使用する電気エネルギーをコントロールできるので、より分かりやすくよりお得に電気エネルギーを創ったり使用できるメリットがあります。

しかしながら、まだまだ商品価格が高いという点がデメリットです。1kWhあたりの価格は15~25万程度で5kWの住宅用蓄電池を導入するとなれば設置(工事)費用も100万円近くの費用がかかります。

また寿命も5~10年程度と短いことから、設置費用を回収するという点ではあまり高い費用対効果は期待できません。寿命保証があるメーカーも増えてきましたが、開発によって寿命の延長化が期待されるところです。

住宅用蓄電池のまとめ

  • 電池容量が10kWh以下の比較的コンパクトな蓄電池システム
  • 太陽光発電システムとの連携やHEMSによって、より効率的に電気エネルギーをコントロールすることができる
  • 停電時に備えられるというメリットもあるが、価格が高いというデメリットもあるので入念に検討する必要がある

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加