太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 太陽光発電システムのデメリット > デメリット2.発電量が不安定


デメリット2.発電量が不安定

太陽光発電システムには発電量が不安定であるというデメリットがあります。その仕組みやデメリットを抑える工夫について解説しています。

発電量が不安定というデメリット

太陽光発電システムは、太陽電池モジュールに太陽の光エネルギーが当たることによって発電するので天候によって発電量が変わります。

曇天の時に発電量が大きく下がることはありませんが、雨の日は発電量が大きく下がります。また積雪が多い地域は太陽電池モジュールに雪が積もることによって発電量が落ちてしまいます。

天候による発電量の違い

また気温が高くなるほど太陽電池モジュールの発電効率が落ちてしまうため、暑い夏などは日射量が多い割にたくさんの発電量を期待できません。

産業用太陽光発電システムなど10kw以上の大規模なメガソーラーを設置する場合は、設置する場所の天候や気温によって発電量が大きく左右されるため、気候についても入念に調査する必要があります。

発電量が不安定なデメリットを抑える工夫

発電量が不安定であるデメリットを少なくするためには、天候に左右されにくい太陽電池モジュールを選ぶという方法があります。

反射率を下げて電極類を太陽電池モジュールの裏側に配置した「バックコンタクト方式」の単結晶モジュールは、日射強度が弱くても発電することができます。そのため雨の日の発電量を増やしたり、早朝や夕方にも発電することが可能です。

発電する電圧や周波数が不安定になると電気製品に支障をもたらすデメリットもあるので、パワーコンディショナーは変換効率も含めて安定した電力を供給できる製品を選ぶようにしましょう。

火山灰や積雪は発電量を大きく下げる原因となるので、太陽電池モジュールを設置する環境に合わせて「メンテナンス計画」を立てておくこともデメリットを抑える大切なポイントです。

発電量が不安定であるデメリットのまとめ

  • 天候や気温によって太陽電池モジュールの変換効率が変わる
  • 日射強度に左右されにくい太陽電池モジュールを選ぶことで発電量を安定させることができる
  • 太陽光発電システムの設置環境に合わせてメンテナンス計画を立てる

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加