太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 太陽光発電システムの機器 > 架台


架台

太陽光発電システムの架台とはどのような機器なのでしょうか?架台の種類やメリット・デメリットについて解説しています。

架台とは

架台とは太陽電池モジュールを乗せるため機器で、架台を屋根にしっかりと固定することによって風圧や積雪、地震などで太陽電池モジュールが動かないようにします。

また、太陽電池が最も発電しやすい30度の角度をつけるための角度調整機能が付いている架台もあります。陸屋根や野立ての場合は三角形の架台を設置し、架台が動かないようにコンクリート製のブロックを架台の足元に付属させることもあります。

架台の種類

太陽光モジュールを載せる架台にはいくつか種類があるので、設置環境に応じて適切な種類を選ぶことが大切です。住宅・産業用を問わず屋根に乗せる場合は、設置場所や屋根材の種類に合わせて架台や施工方法を選びましょう。

設置場所 架台の種類
傾斜屋根 瓦用架台
スレート用架台
金属屋根用架台
折板屋根用架台
陸屋根、野立て 陸屋根用架台
野立て設置用架台
産業用10kWパック架台
壁面 壁面用架台

架台の選び方

太陽光モジュールを載せる架台の選び方ですが、傾斜屋根に乗せる場合は架台と施工方法について特に注意する必要があります。

屋根材の種類には、化粧スレート(カラーベストなど)、厚型スレート(セメントモルタルなど)、金属瓦(ガルバリウム鋼板など)などがあり、それぞれ屋根に取り付ける際の工法が違います。

それぞれの屋根材に応じて専用の架台が販売されていますが、屋根材に直接穴を開ける工法で架台を固定する場合は雨漏りを引き起こす危険性があります。屋根材に穴を開けて下地と直接固定すると架台が安定するというメリットもありますが、もし雨漏りを起こしてしまった場合は太陽電池モジュールをいったん外して雨漏りの修理工事をしなければならないというデメリットがあります。

また屋根材によって耐用年数が異なりますが、屋根を葺き替える際には太陽電池モジュールを全ていったん外さなければいけません。通常は建物を作った施工業者やリフォーム専用の業者が屋根の葺き替えを行いますが、太陽電池モジュールを外さないと工事をしてくれません。

そのため太陽光発電システムを施工した業者にお願いして屋根からいったん下ろし、葺き替えが終わってから再度設置し直してもわなければなりません。太陽光発電システムを導入する場合は屋根材の耐用年数も検討しておくことが大切です。

架台のまとめ

  • 太陽電池モジュールを支え設置場所にしっかりと固定させる
  • 屋根の形状や屋根材の種類に応じて専用の架台を選ぶことが大切
  • 屋根材に穴を開ける工法かどうか業者に確認しておきましょう

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加