太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 太陽光発電の基礎知識 > 太陽光発電が注目される背景


太陽光発電が注目される背景

太陽光発電が注目される背景にはどのようなものがあるのでしょうか?今後の普及にはどのような課題があるのでしょうか?

地球温暖化抑制に貢献

太陽光発電の特徴の1つにCO2(二酸化炭素)を排出しないというものがあります。CO2は温室効果ガスの中の1つで、待機中のCO2濃度が増えることによって地球温暖化が進むことになります。

地球の平均気温が上がると、食糧難や疫病の流行、干ばつなどの問題が発生しやすくなります。また、台風や異常気象なども発生しやすくなると考えられており、地球規模でCO2の排出削減が求められています。

平均気温の上昇値 想定される変化
1.5度 台風、異常気象などにより洪水などの被害が増える
2度 水不足が深刻になる
2.5度 穀物の生産量が減少する
3度 広い範囲でサンゴの死滅が増える
3.5度 感染症などの疾病が流行しやすくなる
さらに洪水など気候による被害が増える
4度 干ばつにより海岸湿地の約30%が水没する
約30%の生態系が絶滅のリスクが上がる

石油や石炭などはエネルギーを生産する過程でCO2が発生するので、これらを太陽光発電に置き換えることによりCO2の排出削減に貢献することができます。

日本のエネルギー問題

現在、日本は石油や石炭などの化石燃料を海外から輸入していますが、化石燃料にはそれぞれ供給可能量(可採年数)があり、石炭は122年と若干余裕があるものの、石油は42年、天然ガスは60年と枯渇が予想される時期まであまり遠くありません。

また、2030年には世界のエネルギー消費量は現在の1.4倍になると見込まれており、供給可能量(可採年数)がさらに早まると予想されています。このような世界のエネルギー事情の中で、日本のエネルギー源を確保することが課題となっています。

石油 石炭 天然ガス ウラン
42年 122年 60年 100年

しかしながら、2011年3月に発生した東日本大震災により福島第一原発は地震と津波の被害を受け、原子力発電による電気エネルギー供給にも課題をもたらすことになりました。

原発事故により原子力発電施設の安全性や再稼働問題、放射能の危険性や使用済み核燃料の処理問題なども注目されるようになり、原発に頼るエネルギー政策にも意見が分かれるようになりました。

太陽光発電システムにより解決できること

太陽光発電システムによる電気エネルギーの供給には、資源の枯渇問題がありません。太陽光の光エネルギーは無制限で、またCO2も排出しないので地球温暖化防止にも役立つエネルギーシステムです。

このようにさまざまなメリットがある太陽光発電ですが、設置にかかる費用が高くエネルギー生産効率という点では他のエネルギー資源と比べるとまだまだデメリットも多い点があります。

太陽光発電が注目される背景のまとめ

  • CO2排出を削減することにより、地球温暖化防止に貢献できる
  • いずれ枯渇する石油、石炭、天然ガスと異なりエネルギー源が無制限
  • 原発によるエネルギーに変わる電気エネルギーの供給源にも

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加