太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 太陽光発電の基礎知識 > 発電量を決める要素(環境編)


発電量を決める要素(環境編)

太陽光発電システムを導入する際にチェックしておきたいのが発電量です。このページでは太陽電池モジュールを設置する環境によって変化する発電量を解説しています。

都道府県別の日射量

太陽光発電は太陽の光を利用して発電を行いますが、日射量が多いほどたくさんの電気エネルギーを生み出すことができます。そのため、日射量が多い場所ほど太陽光発電にはメリットがあり、反対に周りを山やビルなどで囲まれている場所はデメリットがあります。

また日射量を決めるポイントとして年間の日照時間があり、日照時間は緯度が低いほど長くなるので日本では北に行くほど有利になります。地域によって期待できる発電量が異なるので、設置を予定している地域の日射時間と日射量をチェックしておきましょう。

都道府県 年間日照時間 日射量
(kWh/㎡ 日)
都道府県 年間日照時間 日射量
(kWh/㎡ 日)
北海道 1,527 3.82 滋賀県 1,850 3.70
青森県 1,465 3.56 京都府 1,750 3.74
岩手県 1,566 3.74 大阪府 2,032 3.91
宮城県 1,787 3.86 兵庫県 2,092 4.06
秋田県 1,431 3.50 奈良県 1,782 3.83
山形県 1,539 3.68 和歌山県 2,039 4.15
福島県 1,737 3.78 鳥取県 1,717 3.59
茨城県 2,013 3.95 島根県 1,704 3.57
栃木県 1,879 3.98 岡山県 2,097 4.10
群馬県 2,140 4.17 広島県 2,049 4.17
埼玉県 2,114 3.97 山口県 1,844 3.92
千葉県 1,932 3.91 徳島県 2,121 4.18
東京都 1,987 3.74 香川県 2,065 4.12
神奈川県 2,094 3.98 愛媛県 2,000 4.18
新潟県 1,583 3.56 高知県 2,118 4.40
富山県 1,593 3.58 福岡県 1,833 3.94
石川県 1,675 3.56 佐賀県 1,853 3.98
福井県 1,619 3.64 長崎県 1,756 4.01
山梨県 2,177 4.44 熊本県 1,886 4.11
長野県 1,929 3.96 大分県 1,953 3.96
岐阜県 2,067 4.21 宮崎県 1,988 4.36
静岡県 2,157 4.30 鹿児島県 1,766 4.21
愛知県 2,095 4.21 沖縄県 1,503 4.09
三重県 2,159 4.17

季節による発電量の違い

太陽光発電による発電量は季節によっても大きく異なります。真夏は日照時間が長くなりますが、太陽光発電モジュール(ソーラーパネル)が高温になるにつれて変換効率が下がってします。

そのため1年で最も発電量が大きくなる季節は春で、3~5月にたくさんの売電収入が期待できます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月
540 kWh 515 kWh 545 kWh 560 kWh 565 kWh 465 kWh
7月 8月 9月 10月 11月 12月
495 kWh 550 kWh 425 kWh 440 kWh 440 kWh 490 kWh

※年間発電量を6kWhとした場合の月別発電量(東京)

天候による発電量の違い

太陽光発電は太陽の光が届く日中であれば雨の日でも発電します。しかし発電量は雨の日ではかなり少なくなり、曇りの日も晴れの日に比べると若干ではありますが発電量が少なくなります。

雲の中に太陽の光が入ると雲の粒子によって様々な角度に散乱しますが、日射量は太陽の光が直接当たる「直達日射」とこの「散乱日射」の合計値によって算出されるため、曇りの日でも日射量が大きく減少することはありません。

天候による発電量の違い

設置方位と角度

太陽光モジュール(ソーラーパネル)を設置する方角としては南が最も発電効率が良く、住居の屋根に太陽光モジュールを設置する場合はどれくらい南面の屋根があるか簡単に確認しておきましょう。

またソーラーパネルの角度は30度が最も発電効率が良いとされています。屋根の傾斜が緩やかな住居に設置する場合は、角度調整機能がついた架台を選べば発電効率を高めることができます。

発電量を決める要素(環境編)のまとめ

  • 地域によって年間日射時間と日射量が異なる
  • 1年を通じて春が最も発電量が多くなる季節
  • 雨の日はあまり発電量が期待できない

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加