太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 太陽光発電システムのメリット > メリット3.補助金を受けられる


メリット3.補助金を受けられる

太陽光発電システムを導入することで国や自治体から補助金をもらえるというメリットがあります。補助金制度についてやメリットを高める工夫を解説しています。

補助金を受けられるメリットとは

地球温暖化ガスである二酸化炭素(CO2)の排出削減や原発へのエネルギー依存を減らすことを目的に国や都道府県、市町村からそれぞれ補助金をもらうことができます。

国からもらえる補助金は2005年に一度無くなりましたが、「住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」という名前で2009年に再度制度が設けられました。2013年度は太陽光発電システムの導入価格に応じて補助金が受け取れます。

1kWあたりのシステム価格 1kWあたりの補助金額
2万円を超えて41万円以下 2万円
41万円を超えて50万円以下 1万5000円

ただし太陽電池の公称最大出力の合計値、または、パワーコンディショナーの定格出力の合計値のいずれかが10kW未満になることが条件のため、10kW以上の産業用・事業用としての太陽光発電には国からの補助金はもらえません。

参考リンク
・J-PEC 太陽光発電普及拡大センター:補助金制度について「補助金の対象となる太陽光発電システムについて

自治体による補助金には、都道府県からもらえる補助金と市町村からもらえる補助金があります。太陽光発電システムを設置する住所が属する自治体から補助金をもらえますが、都道府県と市町村から両方もらうことができます。

自治体からの補助金は実施しているところもあれば実施していないところもあり、また補助金額や申請方法が各自治体によって違うので、太陽光発電システムを導入する前に確認しておきましょう。

補助金を受けられるメリットを増やす工夫

今のところ国からもらえる補助金は2014年度から無くなることになっています。申込みの期限は2014年(H26)3月31日になっていますので、できるだけ早く申し込まれることをおすすめします。補助金の申込みは太陽光発電システムを設置する前でも行えます。

また太陽光発電システムの導入費用を抑えることにより、たくさんの補助金をもらえるというメリットがあります。1kWあたりの価格を41万円以下に抑えるためにはより安い施工業者を選ぶことも大切です。

例.3.5kWの太陽光発電を導入する場合
3.5kW × 41万円 = 143.5万円
(2万円の補助金をもらえるシステム価格の目安)
3.5kW × 50万円 = 175万円
(1.5万円の補助金をもらえるシステム価格の目安)

また自治体の補助金は毎年変更されるので、太陽光発電システムを設置する予定の自治体の補助金情報をこまめにチェックされることをおすすめします。補助金は先着順(申込み順)に受け取れることが多いので、導入を決めたらできるだけ早く申込みを行うようにしましょう。

補助金を受けられるメリットのまとめ

  • 太陽光発電システムを導入することで国や自治体から補助金をもらえる
  • システム価格の費用に注意する
  • 都道府県や市町村の補助金制度は毎年変わるのでこめめに情報をチェックする

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加