太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > 太陽光発電システムのメリット > メリット13.節電意識が高まる


メリット13.節電意識が高まる

太陽光発電システムを導入することによって節電の意識を高めるというメリットがあります。節電意識をより高めて省エネにつなげる工夫なども紹介しています。

節電意識が高まるメリット

太陽光発電システムを導入した住居やアパート、商業ビル、公共施設には、現在の発電量と電気消費量がリアルタイムが表示される発電モニターが通常設置されることになります。

発電モニターには日別や月別の消費電気エネルギー量も表示されるので、使用した電気エネルギー量に注目するようになることで節電の意識が自然と高まるようになります。

また現在では売電(余剰電力買取制度)による収入も見込めます。発電した電気をできるだけ使用しないように工夫すれば、よりたくさんの電気を売ることができるようになり、売電収入をアップさせることも可能です。

発電モニターディスプレイ表示例

発電モニターにはリアルタイムの発電、売電、使用電気エネルギー量の比較が分かりやすく表示されたり、昨年との月別発電量の比較をすることができるようになっています。

おでかけ前には消費電気量などをチェックし、使用していない電化製品にスイッチが入っていないか確認することができます。無駄な電気を使用しないように気をつけていれば、自然と節電意識が高まるようになります。

節電意識が高まるメリットを高める工夫

節電意識をより高めるためには、普段から省エネ仕様の家電製品を選んで購入することが大切です。同じ効果を得るために少ない電気エネルギーで済む家電製品であれば、さらに消費電力を抑えることができます。

また家を新築される際に太陽光発電システムを導入する場合は、断熱性能の高いサッシやシャッターをつけることにより家の断熱性が高まり冷暖房費用を抑え、自然と節電につながるメリットがあります。

その他にも、昔から伝えられている「打ち水」や「クールビズ」「ウォームビズ」などを取り入れることによってさらなる節電へとつながります。

参考リンク
・政府の節電ポータルサイト:節電.go.jp

節電意識が高まるメリットのまとめ

  • 発電モニターをチェックすることにより消費電力への意識が高まる
  • 建物の断熱性能を高めたりさまざまな工夫を施すことによってさらに多くの節電をすることができる

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加