太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > その他の発電システム > 地熱発電


地熱発電

地熱発電とはどのような発電システムなのでしょうか?発電のしくみや太陽光発電との違い、メリットやデメリットについて解説しています。

地熱発電とは

地熱発電とは主に火山活動によって発生した蒸気を使ってタービンを回し電気エネルギーを作る発電システムです。火力発電原子力発電と同様に蒸気で回転するタービンに配管を通して蒸気が送られる部分は同じです。

地熱発電の特徴は、蒸気を取り出すための井戸を掘るという点です。蒸気が発生する「地熱貯留層」までボーリングを使って掘り進め、蒸気を効率的に取り出し配管を設置してタービンに大量の蒸気が送られるように工夫されています。

火山活動が活発な地域では高温の蒸気を得ることができますが、60~80℃程度の蒸気しか発生しない地域では沸点の低い冷媒を使ってタービンを回す「バイナリー発電(サイクル)」が採用されています。

地熱発電のメリット

地熱発電のメリットは、地熱による蒸気が発生する場所であればどこでも設置ができるという点です。日本は温泉がたくさんあることでも有名で、火山活動が活発な地域でありさまざまな場所に地熱資源があります。

また比較的安定して発電することも可能なので、原子力発電と同様にベース電源となれるメリットがあります。天候や気温、日中夜間の時間を問わず発電することができるので、夜間の電気供給を支えることができます。

発電プロセスに二酸化炭素(CO2)などの地球温暖化ガスや二酸化窒素(NO2)などの汚染物質を排出しないので非常にクリーンなエネルギー源という点も大きなメリットです。火山活動の大きな変動による地熱発生が変わらない限り、エネルギー源が無限であり資源の枯渇問題のリスクがないところも大きな利点です。

地熱発電のデメリット

地熱発電のデメリットは設置場所が限られるという点です。火山活動によって蒸気が発生しているところにしか設置できず、また井戸を掘って蒸気を取り込むため周りの温泉施設に悪影響を与える可能性があります。

また、蒸気の調査や井戸建設のために大きなコストがかかるという点もデメリットの1つです。蒸気のエネルギーを取り出すための施設が大きくなるので、山や森林に設置する場合は生態系に影響を与えるという欠点もあります。

地熱発電のまとめ

  • 火山活動によって発生する蒸気エネルギーを活用して発電するシステム
  • 比較的安定して発電できるためベース電源となれるメリットがある
  • 調査費用や井戸建設にコストがかかり、周辺の温泉施設に悪影響を及ぼすデメリットがある

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加