太陽光発電とは(メリット・デメリット)太陽光発電導入の流れ(住宅用・産業用)電力買取制度(売電価格2014年H26年度)補助金制度・税制(2014年H26年度)メーカー・施工業者FAQ・用語集

太陽光発電メリットデメリット TOP > 太陽光発電とは > パワーコンディショナーについて > 自立運転機能


自立運転機能

パワーコンディショナーの自立運転機能とはどのような装置なのでしょうか?機能の有無によるメリット・デメリットなども解説しています。

自立運転機能とは

パワーコンディショナーの自立運転機能とは、停電時でも太陽電池モジュールが発電した電気エネルギーを使用するための機能です。太陽光発電システムは災害などで停停電した場合でも電気が使えるというメリットがあるので、自立運転機能はリスクに備えるために大切な装置です。

壁に非常用のコンセントを設置するか、またはパワーコンディショナーに直接電源プラグを差し込んで使用することになります。施工業者によっては自立運転に必要な工事を行わないこともあるので、施工前に確認しておくようにしましょう。

自立運転機能操作の流れ

パワーコンディショナーのメーカーによって自立運転機能の操作手順が異なるので、取扱説明書を読んで一度試運転されることをおすすめします。

一般的にはまず分電盤の主電源ブレーカーを落とし電力会社との接続を遮断します。その後、切換スイッチを自立モードへ変え、非常用コンセントに使用する電化製品の電源プラグを差し込んで使用します。

自立運転機能で太陽電池モジュールで発電した電気を使う場合は、1500W(1.5kW)程度までの電力を使用することができます。携帯電話の充電やデスク照明などは使用できますが、エアコンや電子レンジなど消費電力の大きい機器の使用は避けられることをおすすめします。

自立運転機能付きのメリットとデメリット

自立運転機能付きのパワーコンディショナーのメリットは、停電時に電気を使えるという点です。公共施設はもちろん最近ではコンビニや工場などのパワーコンディショナーにも自立運転機能を装備しているものがあり、災害時などいざという時に地域住民へ電気エネルギーを供給できる拠点となるよう配慮されています。

ただし太陽が出ていない夜間は発電できないので、自立運転機能があっても電気を使用することはできません。蓄電池を導入すれば夜間も電気を使用できるメリットがありますが、まだまだ導入コストが高いというデメリットもあります。

また自立運転機能が付いているパワーコンディショナー少し価格が高く設定されているので、太陽光発電システムを導入する目的を考えた上で種類を選ぶようにしましょう。

自立運転機能のまとめ

  • 停電時に太陽電池モジュールで発電した電気を使用するための機能
  • 非常用コンセントを設置するかパワーコンディショナーのコンセントに直接電源プラグを差し込んで使用する
  • 地域の災害拠点となるべく自立運転機能を備えたパワーコンディショナーが普及している

『一括見積りで大幅なコストダウンを実現!!』

太陽光発電システムの見積りを一括で受け取れる便利なサービスを利用して、総施工費を50万円以上も安くすることができました。

↓↓↓ 今すぐ一括見積もり請求してみる ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加